Kajiyama

制作ブログ

Webサイト運営の心得

こんにちは、制作部の梶山です。
今回は、Webサイトの運営についてお話します。

Webサイトの運営は各企業によって作業内容は異なってきますが、
まずはじめにすべきことは、どのサイトも共通して同じです。

それは、目標を設定することです。

  • 売上げアップ
  • 商品のブランディング価値向上
  • 製品のサポート

などなど。

その企業にあった目標設定をすることが大切です。

目標が決まると、今度はその目標をどのように達成するかが問題になります。

ここで日々のサイト運営における指標を決めることにより、より具体的な目標が見えてきて、目標達成のために何をすればいいかが分かってきます。

たとえば、Webサイトからのお問い合わせをアップするには、対象ページの1日あたりのページビューはどのくらいになればいいでしょうか?

100ページでしょうか?
それとも1,000ページでしょうか?

仮に1日100ページのページビューで目標達成できるなら、その目標を達成するために毎日平均して3.3ページビュー以上見てもらうための工夫をしなければなりません。

それでも目標達成できなければ、さらに改善案を考えることになります。そして改善案をWebサイトに反映していきます。

「目標設定」→「実行」→「検証」→「改善」
というようなことを繰り返していくことになります。

このサイクルがPDCAサイクルになるわけです。

<PDCAサイクル>

  • Plan(計画・仮説)
  • Do(実施・実行)
  • Check(評価・検証)
  • Action(改善・対応)

Webサイトの運営において、PDCAサイクルを実行していくことが重要となります。しかし、自身が運営しているWebサイトの何が良くて何が悪いのか、現状を把握することは難しいことだと思います。

そこで必要になってくるのがアクセス解析です。

ページビューや訪問数、ユーザーがどこから訪れてどのページを見ているのか・・・などを把握することがアクセス解析です。

つまりWebサイトの現状を「見える化」するわけです。

弊社では、このアクセス解析を行うための商品をご用意していますので、お客様のWebサイトの運営をサポートすることができます。

もちろん、新規サイトの制作やリニューアル時にもご利用いただけます。

サイト運営の真髄はアクセス解析とPDCAサイクルです。

この機会に御社のWebサイトを見直してみてはいかがでしょうか?

詳しくは弊社ホームページ(お問い合わせフォーム)よりお気軽にお問い合わせください。

2010.02.19|Kajiyama

関連記事

コメント