こんばんは。ディレクター部の塚本です。

毎日お客様の対応や、提案資料作成など、なかなか本日中に自宅に着けない毎日が続いております・・。
運良く早めに帰れたとしても、まだ幼い子供たちの世話でくたくたになっている妻のグチを聞いてあげなければならないし、なかなか自分の時間の作ることが難しい毎日です。

そんな中、唯一自分の時間を持てるとしたら、通勤帰宅の間のみとなります。

ツ

私は、焼津から会社(清水区草薙)まで、朝は1時間ほど渋滞にもまれながら、通っています。
夜は比較的空いているので(深夜なので当然ですが・・)、下手をすれば30分で着いてしまいます。
要するに、一日の時間の中で、1時間半、自分の時間があるということになります。

これは、24時間しかない中で、かなり大きい時間だと思います。
この時間を決して無駄にできないのではないでしょうか。

私は今、趣味でドラムの演奏を夜な夜なしております。
覚えたい曲があるので、必死に覚えているのですが、
あえて難しい曲にチャレンジしているせいか、なかなか覚えることができないので、
通勤帰宅の時間を使って、ひたすら同じ曲をリピートして、
イメージトレーニングをしています!

これがなかなか効果てき面!
さすがに何百回も聞いていると、複雑な変拍子の曲も、脳裏に刻まれていくものです。
その成果を試しながら、ドラムセットの前に立った時に試してみると、
意外と叩けているので、満足してしまっている自分がいます。
(あくまで自己満の世界!他の人が聞いたら聞くに堪えないと思われます)

ツ

趣味はそれでよいですが、仕事柄お客様と話す機会が多くあります。

ツ

特に、打ち合わせで訪問する際、車という交通手段を使うことが多いので、
通勤帰宅同様に移動する時間があります。
当然事前準備をして打ち合わせに臨むのですが、うまく提案を伝えられるかどうか、
口べたの私にとって、しゃべり方や、話の持っていきかたには、日頃から気にかけているので、
訪問までの道のりで、運転しながら、頭の中で話す内容を何となくフガフガ考えながらいると、
自然と話がうまくできたりすることが多いです。

ツ

ここでのポイントは、改まって話す内容を組み立てるのではなく、
何気なくそれを行うというところにその良さがあります。

ツ

あくまで私の主観ですが、考えすぎるとあまりいいことがないことが多いから、そうするようにしています。

もちろん、しっかり考える時はちゃんと考えますよ

ツ

ちなみに、私が日々精進しているドラムはこちらです。
時間に余裕のある方だけ、リンク先をご覧ください。

dream theater / The Dance of Eternity 他

2009.04.15|Tsukamoto

関連記事

コメント