Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、上位に表示されるために対策をすることをSEO(検索エンジン最適化)といいますが、今回は、SEOのキーワード選定についてのお話です。

SEOは、技術的なテクニックが気になりがちですが、実はキーワードの選定がとても重要です。

キーワードをご指定されるお客様もいらっしゃいますが、どのキーワードを選ぶかによってSEOが成功するかどうかが決まってくるので、キーワードの選定は、ぜひ専門担当者に任せて下さい。

例えば、製品の固有名や登録商標をアピールしたくて、キーワードとしてご希望されることがあります。果たしてそのようなキーワードを、検索エンジンに入力する人がどれだけいるでしょうか?

逆に、一般的に良く使われるキーワードはどうでしょうか? あまりに一般的なキーワードや、多数のサイトで使われているキーワードでは、上位に表示させるのが難しくなります。

また、会社名をキーワードにするのはどうでしょうか? 会社名は、同名の会社が少なければ、SEOをしなくても自然と上位に表示されます。

どんなキーワードがいいかと言うと、それは、サイトを探しているユーザーが実際に入力するキーワードです。検索してもらいたいキーワードではありません。ユーザーの気持ちになれば、どんなキーワードがいいか、なんとなく想像できますよね。でも当てずっぽうでいいでしょうか?

沢山のキーワードを詰め込むのはどうでしょうか? ホームページをパイに例えると、そのパイを沢山のキーワードで切り分けたら、一片一片のパイは小さくなってしまいます。キーワードが少ないほど、パイの一片は大きくなります。

当社では、ヒアリング(お客様に希望キーワードをお聞きすることがありますが、あくまで参考です)や検索数の調査などから、適切なキーワードを選定してご提案するところから行っています。

SEOについてもっと聞きたい、という方はこちらからお問い合わせください。

2009.10.16|Murakami

関連記事

コメント