カキ氷はブルーハワイ派の営業部藤牧です。
舌が妖怪のようになるのがたまりません。

お盆休みに遊びに来た姪がカキ氷をご馳走してくれました。
太っ腹!な小学生です。(私がねだった訳ではないですよー?念の為!!)
練乳がかかったいちごミルクのように高級なものではなく
ブルーハワイ専門な私は予定通り舌を妖怪にして姪達と
見せ合い楽しい時間を過ごしました。

DSC_0499

そんな夏の思い出の写真をSNSなどWebを通じてアップする方も
多いと思いますが、中でも一番難しいと思われる「花火の写真」
私も何度か挑戦しましたがお見せできるような写真は・・・残念ながら数枚です。

DSC_0488
肉眼で花火を見たい気持ちと綺麗に写真に残したい気持ちが交差して
夜景モードにしてブレた写真になってしまい。またモードを変えて・・・など等
まんま「二兎追うものは~」の状況にイライラ。。。。

そんなところに朗報が!!!花火は生き物。

【1】風に影響される為、花火が上がる日の暗くなる前に風向きをチェック!
風上に移動し場所を取つ事!

【2】スマートフォンの場合はあらかじめ連射出来る設定にしておく事!
連射の機能が無い場合はアプリを上手に使用してみてください!

【3】電池を十分充電しておく事
花火大会へ行くまでに待ち合わせや乗換えなど携帯電話を使う頻度に
注意し電池の減りをなるべく防ぎましょう!

最近の携帯電話は画素数や撮影モードにも凝っており性能が良い物が
多いので上記の方法を使って綺麗な写真と供に沢山の思い出を
Webを通じて沢山の方と共有出来るとまた楽しさが倍増するのでは
無いでしょうか?
最近はFacebookや専用サイトなどでフォトコンテストなどの募集も多くなって
来ました。
綺麗に取れた写真の活用方法も広がりますね!
夏休みも残すところあと少し。夜の虫のオーケストラの音色も夏虫から
秋のこおろぎや鈴虫の音色に変わって来ました。
まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、皆さまも体調にはくれぐれもご注意下さいね!

2013.08.23|Fujimaki

関連記事

コメント