Tsukamoto

営業ブログ

新しいものに触れる

もう15年ほど前の話なのですが、レコーディングスタジオで仕事をしていたとき、様々なミュージシャンの演奏や、楽器演奏を肌で感じる機会が多くありました。

間接的に感じる機会は多くありましたが、先日、弊社マネージャーのヴァイオリンに直接触れることで、何だか新しいインスピレーションが湧いてきました。

稀にコンサートなどで聴く機会があったとしても、直接触れることなどなく、ましてや高級感を漂わせている楽器ですし、非日常的な物と思っていたので、大変右脳が刺激されたような感覚を覚えました。

日頃仕事をしていて、他社との競争上、今までにない発想や創造性を求められます。
また、お客さんに喜んでもらうにも、今までのやったことのある企画ではなく、
お客さんを驚かせるような企画が、欲しいことがあります。

何気ない日頃の生活からも、学ぶべきことや発想が生まれてくるところがありますが、
ひょんなことから、新しい発想が生まれてくることもあります。
新しいものに触れることで、日頃感じることのない新たな発想や考え方を生むきっかけになるのではないでしょうか。

いつも行かない場所に行ったり、
いつもと違うものを買ってみたり、
日頃もんもんとしていることを、実際にチャレンジしてみる
ということがすごくに大事なんじゃないかと思います。

ツ

◆本日のドラマー◆
村上ponta秀一

2009.05.26|Tsukamoto

関連記事

コメント