何かとクルマ好きの営業部塚本です。

2年に一度、いつもこの時期に話題となる東京モーターショーの季節がやってきました!!

今年のテーマは・・・

“Compete! And shape a new future.”
世界にまだない未来を競え。

要約しますと、エコカーの共演、です。

今や内燃機関だけの動力では、燃費的にも環境的にも世間的にも受け入れられない時代。あのF1ですら既にハイブリット化しています。

元々スポーツカー好きの私にとっては、数年前までは理解しがたいことでしたが、ハイブリッドでもEVだけでもちゃんとしたスポーツカーとして十分成り立つ時代(テスラとか)になって、変なこだわりは捨てなければいけないな、とつくづく感じる次第です。

スポーツカーならマニュアル、という定説も、既に終わってます。速く走るには、スーパー電子制御されたむしろ「オートマ」のが方が断然早いんです。ただでさえ速いの代名詞である日産GT-Rも「オートマ」しかないですし、その進化形であるローンチコントロール(F1でも使用されている、ジャストミートでスタートダッシュできる機能)が採用されていれば、もはや手動の人間の出る幕は無く、電子制御との闘いとなっています。

時代の進化はほんと目を見張るものがありますね。ついていくのがやっとです。
東京モーターショーは、そんな時代の進化を、人々がとっつきやすい「クルマ」が題材で、わかりやすく身近に感じられるイベントだと思います。

今年は是非、好きなクルマを見ながら、実際に見て、肌で感じて、時代の進化・未来を目の当たりにして、自身の今後に繋げていきたいな、と思います。

 

とかっこよく締めくくりたいところですが、真の目的は、
クルマの隣にいるオネエちゃんだったりします・・・・

2013.11.20|Tsukamoto

関連記事

  • None Found

コメント