今おこなっている組織作りの一貫とし、本日、社内コンペを開催しました。
議題は、「報告・連絡・相談」、ホウレンソウポスターを制作し、
当社のホウレンソウのあり方をプレゼンの仕方・ポスターの作り方・
企画コンセプトの重要度などの勉強を私のコーチングをベースに開催しました。

今回で三回目です。
第一回目は個人プレイ、二回目は、私のコーチング勉強会、

今回の三回目は、チームプレイとして開催されたホウレンソウコンペですが、
とても有意義で内容の濃い勉強会に至ったと思います。
各自、自分が思った以上に上手く出来た人、
逆に緊張して上手く出来なかった人。
おのおの、思う事はあると思いますが、一つ言える事は、
皆さん、それぞの達成感があり、成長したという事です。
終えてみて、自分がむいていると思えば、今後率先してプレゼンに励んで下さい。
また反省する事があれば、次回に活かし、試みて下さい。

本日の、この貴重な経験を業務の糧に、
そして、チームワークで生み出される事が1+1=2ではなく、
3でも4にでも努力次第で変わるという事を感じてもらえたなら、
私としても、教育の一貫として、良い結果が出せたと思います。

一つ一つの積み重ね、一人一人の自信が、将来の礎となり、
今後のフェニックスの行く末を変えて行く事になります。
今行っているプロジェクト「今を乗り越える」を始め、
これから、さまざまなチャレンジを行う事になりますが、
学び、成長し続ける事が、無限の可能性を掴む事が出来る条件だと、
私は思います。

今後の未来を共に、創りあげましょう。
思った事は、必ずできる。
自分を信じて、これからも、あきらめず、フェニックスマインド、
フェニックススピリッツで、WEB戦国時代の天下統一を成し遂げて行きましょう!

スタッフの皆様、本日は、業務多忙の中、本当にご苦労様でした。ツ




■コンセプト
「社内の全員に伝えるべきこと」をテーマに、ホウレンソウの中で特に
「相談」を何のために行うのか、ということをビジュアル化しました。
「相談」という行為は、問題を問題として認識し、
解決・改善に向けて能動的に動くことへとつながります。
それは結果として当社の理念に掲げる「誠意」と「感動」を生むのでは
ないでしょうか。
クライアント様の「感動」を青写真として思い描く、そのイメージをわかりやすく、
かつポスターという媒体を機能を考慮して形でデザインを行いました。
このデザインにより、社内での「相談」が活発になれば幸いです。




■コンセプト
「ホウレンソウは仕事の成功につながる第一歩」
ということをコンセプトに考えました。
そして、その第一歩は相談からはじめること。
「まずは相談からはじめよう!」
成功までの道のりは長く大変ですが、相談・連絡・報告(ホウレンソウ)を
きっちり行うことで、スムーズに仕事が進み、
成功へのプロセスを段階を踏んで上がっていけます。
その流れをドミノを使って表現しました。
社員みんなで仕事を成功させて、成功の輪を広げ、そしてそこから
感動を生み出そうという思いを込めてデザインしました。




■コンセプト
「ホウレンソウを促す」ためのポスターコンペということでしたが、
「フェニックスらしさ」を表現するために、少し見方を変えました。
「ホウレンソウをしよう!」ではなく、ホウレンソウを徹底することで生まれる
「団結力」を、フェニックスマインドとしてイメージにすることで、
ただ漫然とホウレンソウをするのではなく、
目的を持って日々の業務に励みましょう、というメッセージを込めました。

2009.09.12|経営理念

関連記事

  • None Found

コメント