「ホウレンソウ」とは、「報告・連絡・相談」のことである。

大事なのは、これら3つの違いを理解することではなく、どのようにホウレンソウをするかということである。

・速やかに
・的確に
・こまめに

ホウレンソウをすることが望ましい。
ホウレンソウは、自分が言いたいことを言うのではなく、相手がいつ、何を、どの程度、どのような手段で知りたいのかを素早く察知し、それに対応するというのが正しい。

なので、常にアンテナを立てておき、誰にいつホウレンソウをしなければならないかを考えるマネジメントスキル、どのようなタイミングや言い回しが的確かを考えるヒューマンスキルも大いに関係してくる。このような正しいホウレンソウができてこそ、初めて「ホウレンソウ」と言える。

また、これらを社員全員ができるようになると、問題を未然に解決できたり、無駄なく無理なく仕事が進むようになる。会社が円滑になるためには、社員全員の正しい「ホウレンソウ」が必須なのである。

2015.02.17|Suzuki, 格言

関連記事

  • None Found

コメント