Suzuki

社長ブログ

9年度経営経営計画

今期、9年度の経営会議にて計画の発表を5月に行いましたが、
今期より三ヶ月に一度、その計画の進捗をスタッフに伝え、
状況が分かるようにしました。
内容によっては、朝礼でも進捗を発表する事もあります。

また来る8月28日も今期二回目の発表を控えております。
内容としては、今まで、お客様に満足して頂けるホームページ作りを
モットーにやってまいりましたが、今後は、更にお客様満足度を
高みめて行く為にも、弊社独自のサービスを展開していき、
提案+独自の付加価値にて、お客様の満足度を更に高めて行きたいと思います。

今期のキーワードは、「お客様目線で商品の提供を行う」事です。
会社としては、新商品の開発をするか、しないか、
全てこの基準で決定(クロッシング)していきます。
お客様に必要とされる企業、そしてそれに喜びを感じる企業になる為です。

具体的に、各部に新しいプロジェクトを与えました。
商品開発→集客→営業→制作→アフターフォローとクレーム対応を
仕組み化するZEROプロジェクトです。
●開発部は、自社商品(HPS・HPD・プロシリーズ)の開発。
●企画部は、集客支援と開発の支援(フロント商品とエンド商品)。
●営業部は、既存商品・新商品の販売。
●システム部は、インターネットからの収益確保。
●制作部は、リピーター増加の為のQCDと運営の充実。
●コックピット管理室は、キャパ管理のシステム化。
●管理部は、PDCAの管理。

またPDCAサイクルを弊社も重視しておりますが、
会社の成長は、そのCとAで決まると考えます。
なかなかCとAを実行する事は、難しい事ですが、
今期より新たにそのCとAを実行できる仕組み(人が管理)を設けました。
主な内容は、
●仕事のキャパをコントロールする事
●毎月計画通りに各部が達成できているかの有無
●3ヶ月単位で、評価と方向性を示す
それが、CとAの現状を「伝えるしくみ」且つ、
「行動させるしくみ」になると考えております。
既に一部は、システム化されております。

会社経営とは、人生と同じで、良い時もあれば、悪い時もあると思います。
しかし、どんな時でも、ビジョンと信念を持ち、達成できるまで、
遣り遂げる事が、成功の秘訣であると私は考えております。

三ヶ月に一度、開催している経営計画が、私からの約束手形であり、
スタッフ全員が意思の疎通が出来る大事な場だと考えております。

今後とも弊社デザインスタジオフェニックスを宜しくお願い致します。

2010.08.14|Suzuki, 経営理念

関連記事

  • None Found

コメント