「フェニックス格言」について、お話したいと思います。

すでに、過去の記事でいくつか紹介しておりますこの「フェニックス格言」。
これは、社員みんなで作成したものです。

なぜ「フェニックス格言」を作成したかというと・・・
以前、弊社では朝礼の際に、その日の朝礼当番が
鍵山秀三郎さんの日めくりカレンダー「ひとつ拾えばひとつだけきれいになる」を
読み上げて、感想を述べるというスタイルをとっていました。

ある日ふと、我が社独自の日めくりカンダーがあれば!と思いつきました。
それから、私の方で題目を30個考えました。
その題目は我が社に必要なもの、みんなに徹底してほしいものを選択しました。
そして、社員ひとりひとりにそれらの題目を割り当て、
その題目の説明文を考えてもらいました。

せっかくここまで考えたのであれば、
独自性のある日めくりカレンダーにしたいと思い、
社員にお習字をしてもらいました。
さらに、その題目からイメージする挿絵も描いてもらったのです。

そして出来上がったのが、「フェニックス格言」です。
今は、朝礼の際に
この「フェニックス格言」を朝礼当番に、読み上げてもらっています。

この「フェニックス格言」を活用することにより、
ますます、理念が社員へ浸透したと感じています。

2009.05.27|Suzuki, 格言

関連記事

  • None Found

コメント