こんにちは、日曜夜の「ヨルタモリ」はぜったいおすすめな
システム部の酒井です。

さて、今日の話題は、JavaScriptライブラリ「jQuery」について。
近日リリースされるバージョンから
パッケージ名を変更するとのこと。
現行のJqueryは1.x系列と、
Internet Explorer 8以前の古いブラウザをサポートしないバージョン2.x系列とに
分かれています。
実装こそ異なるものの、ライブラリとしての動作は同じです。

jQuery 3.0になるにあたり、わかりやすくする意味もあり、
バージョン名をそろえることになったのだそうです。

名前は、
古いブラウザをサポートする「jQuery Compat 3.0」、
新しいバージョンのブラウザとその1世代前のブラウザをサポートする「jQuery 3.0」

「jQuery 3.0」についてはソースコードが軽量化とパフォーマンス向上されるそうですが、
「jQuery Compat 3.0」は、パフォーマンスとソースコードが大きくなる代償があるとのこと
現行バージョンとのマイグレーションは問題ないとしているが、果たして現場はどうなることやら。。。

2014.10.31|Sakai

関連記事

コメント