システム部の野尻です。おはこんばんちは。

普段弊社ではXAMPP for Windowsを使ってWebシステムの
構築をやってたりするわけなんですが。
そのXAMPPのシェルからOpenSSLコマンドを実行して
秘密鍵の生成やCSRの発行ができるらしいので、
実際に試してみました。
※普通にOpenSSLをインストールすればいいのでは、と思わなくもない。

1. XAMPPのコントロールパネルからシェルを起動
2. OpenSSLのコマンドを実行し、秘密鍵を生成………

……しようとしたら、何故か設定ファイルが読み込めないってエラーが。
秘密鍵の生成自体はできてるみたいですが。

どうも、
(XAMPPのインストールディレクトリ)\apache\conf
……に置かれているOpenSSLの設定ファイル(openssl.cnf)を
(XAMPPのインストールディレクトリ)\apache\bin
……の中に配置する必要があるみたいなので、コピペして持ってくる。

気を取り直して再度コマンドを実行。

今度はうまく行ったっぽい。

3. 生成した秘密鍵を元にして、CSRを発行する。


CSR発行に必要な情報を求められるので、適時入力していく。

※当然、全部英語。

Country Name:
※国名(ISOによって規定された2文字の符号)

State or Province Name:
※都道府県名

Locality Name:
※市区町村名

Organization Name:
※組織名

Organizational Unit Name:System Unit
※部署名

Common Name:
※SSLを設定したいFQDN

Email Address:
※メールアドレス

※残りの項目はとりあえず未入力でよい。

 

なんやかんやで、無事にCSRも発行できた模様。
あとは実際にこれらを使って証明書の発行~インストールまで出来るかですが、
それはまたの機会に、ということで……

2018.02.10|Nojiri

関連記事

コメント