こんにちは、制作部の錦織です!
さて、皆様は普段、映画をご覧になる際、「字幕」と「吹き替え」のどちらを選択するでしょうか?
僕は誰に何と言われようが「吹き替え」派の人間です。「字幕」が嫌い、というわけではないのですが、主にアクション映画が好きなので、字幕によって目が固定されて映像を隅々まで堪能できない!というのが我慢できない感じです。

また、お気に入りの映画をDVDで購入し(そろそろBlue-rayに移行したいですが…)、自宅で何度か鑑賞していると、吹き替えと字幕でのセリフの違いに驚くことがあります。
先日観た作品では、吹き替えでは熱く感情的なセリフだったのが、字幕ではたったの一言で済まされている場面までありました。
そこで調べてみると、どうやら字幕を付ける際には「何秒のセリフに対し、何文字まで。」という制限があるようです。可読性などを考慮するとそこは仕方ない部分なのかもしれませんが、それだとやはり本来の作品が持つニュアンスを字幕で完全に伝えるのは難しいそうです。逆に吹き替えではそういった制限は無いですが、イメージとかけはなれた声が当てられていたり、また制作時のコスト的も字幕より大分掛かってしまうというようなデメリットもあります。

字幕と吹き替え、どちらにもそれぞれメリットデメリットがあり一概にどちらがいいとは結論付けられませんが、やはりもっとも良いのは「字幕なし吹き替えなし(オリジナル)」で観ている方でしょうか…う、羨ましいです。
じ、自分がもっと英語が得意ならば・・・・・。

皆様は字幕と吹き替えそれぞれにどんなメリットデメリットを考えますでしょうか?最終的には勿論、自分が好きなほうで観るのが至極一番ですが、
普段字幕で観ている人は、たまには吹き替えで、
普段吹き替えで見ている人は、たまには字幕で観ると、
意外な事が見えて面白いかもしれません。

2009.07.29|Nishikiori

関連記事

  • None Found

コメント