こんにちは、制作部の上村です。

先日、Googleから「Google Web Designer」というツールが発表されました。

Google Web Designer
http://www.google.com/webdesigner/

HTML5ベースの広告制作ができるということで、Adobe社のEdge Animateと同じように直感的に動きのある広告を作成することができます。
Flashを使っている方なら簡単に操作ができそうです。

Googleからもこうしたツールが発表されるということは、それだけHTML5での広告制作が今後メインになってくるということでしょうか。

PC環境では、まだFlash広告が多く利用されていますが、モバイル環境では既に、Flash対応は無くなりつつあります。
そうした背景を考えると、どの環境でも対応できるHTML5広告が今後、主流になってくるかもしれません。

2013.11.05|Kamimura

関連記事

コメント