こんにちは。制作部の上村です。

Flash Professional CC が遂に発表されました。

ちょっと気になる新機能をみていきたいと思います。

●起動時間が早くなった
アプリケーションの起動時間がだいぶ早くなったようです。
Flash CCは64ビット対応になったそうなので、納得ですが、マシンもスペックアップしないとならないですね。

●ビデオ書き出し機能の向上
今までは別のアプリを使ってましたが、Flash上でキレイにビデオ書き出しができるようです。
iPad用に映像として配信したい時などに使えそうです。

●Toolkit for CreateJS
前回のブログ記事でもお伝えした「Toolkit for CreateJS」ですが、ボタン、モーションパス機能も追加されました。
少しずつですが、機能が向上されてますね。

今回は一から作り直したとのことなので、他にも大幅な機能改善がされているそうです。

今後はクラウド化になり、頻繁にバージョンアップがされるようなので楽しみですね。

2013.06.03|Kamimura

関連記事

コメント