ホームページを制作していると、
「うーん、なんでこうなるの!」
「普段なら上手く出来るのに」
「全然わからない」という問題がたまに起こります。

いわゆるハマった!というやつです。

今回はそんな問題の中でも、文字コードについてご紹介します。

ホームページを制作する上でよく使われている文字コードは、
・UTF-8
・Shift_JIS
などがあります。

特にシステムとの相性がいい「UTF-8」が
今のトレンドとしてよく使われています。

文字コードの指定

この文字コードは、HTML、CSSなどのファイルに記述します。
関連するファイルの文字コードが違っていると、文字化けを起こし、
ホームページが正しく表示されないなどの問題が発生する場合があります。

文字化けの図
文字化けすると何て書いてあるか分かりません。

例えばHTMLファイルに文字コードを記述をする場合、

と書きます。(HTML4の場合)

ファイル保存時にも文字コードの指定を

気をつけなければならないのは、
ソースコード上に文字コードを記述することはもちろんですが、
ファイルを保存する際、ファイルそのものも文字コードを指定して保存することです。

テキストエディタの中には、文字コードを指定して保存できるソフトもありますので、
それらのソフトを使って保存すると簡単です。

制作をする上で基本的な事なので、
普段ならこの段階で問題が発生することはまず無いのですが、今回は違いました・・・。

今回ハマった文字コード「EUC-JP」

ということで、ハマったのは「EUC-JP」という文字コードです。

この文字コードが曲者でして、
通常の保存方法ではEUCとして保存できない場合があります。

まず、普段通りファイルに文字コードを記述します。
そして、ファイル保存時に文字コードを指定して保存します。

さて、細かな作業はAdobe® Dreamweaver®で行いましょう!
とソフトを起動してコーディングを進めていると、

ん?おかしい???

さっき保存したファイルの中身が文字化けしてる・・・。
あれ、文字コードも統一したし、
ファイルも文字コードを指定して保存したのに、なんで・・・・・?

もう一度、ファイル自体の文字コードを調べてみると、
Shift_JIS形式のファイルとして保存されていました。

文字コード「EUC-JP」のファイルを保存する時に気をつける事!

文字コード「EUC-JP」の場合は、
全角の文字列(例えば漢字やひらがな)などが一定量入っていないと、エディタがEUCとして判別してくれず、保存する際、
勝手に文字コードを変換してしまうようです。

↑これが原因でした・・・。

何度も何度もソースコードを見直した結果、やっとわかった暗黙のルール。
皆様も「EUC-JP」を使う場合はお気を付け下さい。

2013.04.18|Kajiyama

関連記事

コメント