こんにちは、制作部の梶山です。
今回はデザインの勉強ということで、シンメトリーについてお話します。

■シンメトリーとは?

シンメトリーとは左右の大きさ・形・色などの釣り合いがとれていることを言います。つまり左右対称ということです。

デザインをしていると使うことがあっても、普段デザインをしていない人は使わない言葉だと思います。

言葉だけで説明しても分からない方もいると思いますので、画像で例を見てみましょう。

■シンメトリーの例

モコちゃん
これはうちのわんこのモコちゃんです。
ちょっと無理があるかもしれませんが、これもシンメトリーです。

サファリパーク(象)
これはサファリパークで撮った象です。
二頭の象が左右対称にタイミング良く並んでくれました。

デザインスタジオフェニックス自社サイト
次は弊社サイトのトップメインイメージです。
左右対称に2つのサービスを紹介しています。
今ならサイトの無料分析を行っています。ご希望の方は是非どうぞ!

株式会社イワタ様サイト
このサイトは弊社で制作をした株式会社イワタ様のサイトです。
よーく見てみるとシンメトリーに限りなく近いデザインだということが分かります。

デザインパーツ
この模様もシンメトリーのひとつです。
まさしく左右対称ですね。

万華鏡などもシンメトリーの例と言えます。

どれを見ていても、バランスがとれているとキレイに見えるということが分かると思います。デザインの中でバランスは重要な要素の一つです。

シンメトリーになるようレイアウトを配置するのも、バランスがとれていてキレイに見えるからそうするのです。
落ちつきがあり、高級感のあるイメージなるので、格式を重視する場面などで多く使われます。

あまり、バランスがとれているからといって、その手法ばかり使っていても飽きられてしまうので、時にはそのバランスを崩すことも必要です。
シンメトリーの反対はアシンメトリー(左右非対称)ですね。
わざとバランスを崩してダイナミックなイメージを作るのも、一つのテクニックです。

ちょっと見方を変えるだけで、日常のいろんなところにシンメトリーなものがあるかもしれないですね。
あなたも世にあるシンメトリーを探してみてはいかがでしょうか?
普段見あきていた風景に新たな発見があるかも!

2010.06.11|Kajiyama

関連記事

  • None Found

コメント