はじめまして、制作部の岩倉(22)です!

ついこの間の出来事、
仕事帰りにいつものようにスーパーで大好きなビールとおつまみの買い物をしているときでした。
日課のように下段にある、のどごし生を手に取ろうとしたその時!
衝撃的な痛みが走りました!!

耐えきれずお医者さんへ

その場では平常心を保ち、やり過ごしましたが(なかなかのボリュームで声が漏れてしまい恥ずかしかったので)
痛みがだんだんと強くなり、最寄りの整形外科へ行くと、椎間板ヘルニアと宣告。
別名、腰椎間板症。

みなさんもよく耳にする病気だと思いますが、そもそもどういったことからこの症状になってしまうのか。
今回実際に体感してみて、普段から気をつけている人は少ないんじゃないかと感じました。

椎間板ヘルニアとは

人間の背骨は、24個の骨で構成されているらしいです。
そして、椎骨と椎骨の間にクッションの役割をする「椎間板」という軟骨が存在します。

そのクッションが骨に圧迫され、少し硬い部分に亀裂ができ、中身が飛び出して膨れてしまう。
さらに、膨張した箇所が神経を傷つけ、痛みをともなうことを椎間板ヘルニアと言うみたいです。

当たり前だった私生活が困難に

もちろんのこと、私生活に多大な影響をもたらします。
昨年4月からWEBデザイナーとして頑張っている身ですが、職業柄、ほぼ一日座り仕事。

この仕事にとって長時間座ってられないという一番ネックで辛い状況に陥っています…。

寝ていると伸びきった状態になってしまい、朝起きると痛いです。
靴下がまともに履けません。
物を落としてもとっさにかがめません。
とにかく普段の生活の動きに支障をきたします!

あなたは大丈夫ですか?

腰痛とはまったく無縁で痛みを感じたことのない人でも
検査をしてみると、1/5はヘルニアと診断されるらしいです。
あなたも他人事ではないかもしれません!

単純に姿勢が悪いからなのか?
座り仕事で蓄積していくのか?
急激な負担がかかったからなのか?
原因は様々かもわかりませんが、 みなさんも気をつけていただきたいです。

“これら腰痛の悩みは、人間が2足歩行に進化してからの宿命だ”
と、どこかのコラムで誰かが言っていました。

ただ、4足歩行の犬や猫もヘルニアになるらしいです。

2013.04.22|Iwakura

関連記事

  • None Found

コメント